ボリビアは南アメリカの共和制国家で、広さは日本の3.3倍で、世界で27番目に広大な国です。

天然資源が豊富にあるものの、貧しい経済状態が続いている、ラテンアメリカ貧国の一部です。

日本人にとっては、遠い国でほとんど知らない国ですが、実はボリビアには日本人移民が多く生活しており、日系人の数は7000人にのぼります。1899年に初の日本人移民が渡り、農園の働き手として従事してから、多くの移民が日本からボリビアに移りました。もとはペルーの日系人がボリビアに来たのが始まりとされます。

現在では、沖縄からの移住者が中心となり生活している「コロニア オキナワ」、九州からの移住者が中心である「コロニア サンフアン」という2つの地域が有名です。

このサイトでは、ボリビアについて、また日本とボリビアの意外な関係について紹介していきたいと思います。

 
Share this page
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *